新着記事あります。

<台湾>地元でも評判の安くておいしい!皮が極薄でスープがたっぷり入った小籠包が食べれるおすすめのお店【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】

<台湾>地元でも評判の安くておいしい!皮が極薄でスープがたっぷり入った小籠包が食べれるおすすめのお店【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】

台湾🇹🇼と言えば「小籠包」が有名です!本場の小籠包を食べたことがありますか?

今回から数回に分けて、台湾旅行の観光情報やおすすめのお店などをご紹介いたします。

1回目は地元の方からも評判が良くて、安くておいしい「小籠包」が食べれるお店です。

台湾の小籠包で有名なお店は「鼎泰豐 (ディンタイフォン)」ですが、初めて台湾に行く方はツアーに組み込まれたり、有名店なので1回目に行かれる方が多いかと思います。2回目(2軒目)以降、同じお店に行くのも良いですが、地元の方が行かれる名店もまだまだたくさんありますので、ぜひ小籠包のお店巡りをして食べ比べてみてはいかがでしょうか?

 

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】
※【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】

 

安くておいしい!皮が薄くて、スープがたっぷり入った小籠包が食べれるお店!

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】は台湾に2店舗あり、下の写真は本店になります。ローカル感を味わいたい方は本店へ行かれるのをおすすめいたします。

お店では作っているところも見れるので、それも1つの楽しみでもあります。

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】
※【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】杭州南路本店

 

 

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】

杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)

↑お店の公式サイトから店舗情報やメニューが確認できます。

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】は台湾に2店舗あり、下の写真は「杭州南路本店」になります。杭州南路本店はローカルっぽい親しみやすい店内になっています。支店の2店舗目はお洒落なレストランのような店内で杭州南路本店より比較的きれいな内装です。

常連客やリピーターが多く屋台並みの価格で安い、そしてローカルな雰囲気も味わえます。旅行雑誌でも大きく取り上げられているお店です。

お店は台湾の観光名所でもある中正記念堂周辺にありますので、観光後に立ち寄れるお店です。

 

⬇︎台湾ビールで乾杯!そして小籠包に始まり、焼売や餃子を食べ、小籠包を追加注文し、最後は小籠包で終わる。毎日食べても飽きません。【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】の小籠包は「小籠湯包」というメニューになります。

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】
※ [小籠湯包]、[三鮮鍋貼(焼き餃子)]、[蘿蔔糕(大根もち)]

 

Menu(メニュー)

注文方法はメニュー名が書かれた伝票に注文する個数を書いて、店員さんに渡します。

⬇︎小籠湯包はもちろんおいしかったですが、こちらの「三鮮鍋貼(焼き餃子)」がおかわりするくらいおいしかったです。豚肉、ニラ、エビ、生姜(しょうが)が入ったボリュームのある餃子です。もし、お店に行かれたらこの「三鮮鍋貼(焼き餃子)」も食べてみてください。おすすめです!( ´∀`)d

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】
※ [三鮮鍋貼 (パリパリ焼き餃子)]

Menu

✔️小籠湯包 150元(8個)
小籠包(ショウロンポウ)

✔️角瓜蝦仁湯包 210元(8個)
へチマとえび入り小籠包

✔️蟹黃湯包 220元(8個)
蟹みそ入り小籠包

✔️菜肉蒸餃 150元(8個)
野菜豚肉入り蒸し餃子

✔️花素蒸餃 140元(8個)
野菜たっぷり蒸し餃子

✔️蝦仁燒賣 210元(8個)
えびと豚肉入りシュウマイ

✔️麻糬豆沙包 100元(6個)
もちあんまん

✔️南瓜糕 100元(5個)
かぼちゃ餅

✔️杭州鮮蝦餃 110元(4個)
杭州海老蒸し餃子

✔️蟹黃蝦燒賣 90元(4個)
蟹みそとえび入りシュウマイ

✔️三鮮鍋貼 160元(8個)
パリパリ焼き餃子

✔️蘿蔔糕 60元(2個)
大根もち

etc. ※ 他にもメニューがあります。

※現在のメニュー価格と異なる場合があります。

 

⬇︎【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】の小籠包の「小籠湯包」です。こちらのお店の「小籠湯包」は皮が薄くて出汁が効いたスープがたっぷり入っています。皮が薄いのでいくらでも食べれちゃいます!

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】
※ [小籠湯包]

小籠包の食べ方

店内には「細くスライスした生姜(しょうが)」が置いてありますので、小籠湯包の上に生姜を乗せて食べてみてください。この生姜を乗せる食べ方は台湾では小籠包を食べるなら当たり前(通常)の食べ方のようです。

・生姜を入れた小皿にタレ[お酢としょうゆを3:1の割合]を入れ、小籠包にタレをからめてレンゲの上に乗せる。

・更に小籠包の上に生姜を乗せる

・レンゲの上に置いてから、箸で少しだけ皮に穴を開けてスープをレンゲに出し、横からスープを吸ってから一口で食べるのがおすすめの食べ方です。※ 出来立ての場合はやけどに注意です!

 

⬇︎「蝦仁焼売 (えびと豚肉入りシュウマイ)」です。ぷりっぷりのエビが丸ごと入ったシュウマイです。こちらもよく注文されているようです。

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】
※ [蝦仁焼売 (えびと豚肉入りシュウマイ)]

 

⬇︎こちらは「花素蒸餃 (野菜たっぷり蒸し餃子)」です。公式サイトの写真よりかなり緑色ですが・・・、葉っぱのような形の蒸し餃子です。

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】
※ [花素蒸餃 (野菜たっぷり蒸し餃子)]

 

 

お店情報とGoogleマップ

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】公式サイト:https://www.thebestxiaolongbao.com/

公式サイトでは写真付きのメニューが確認できますので、ぜひチェックしてみてください。

【杭州小籠湯包 (ハンゾウシャオロンタンバオ)】杭州南路本店

営業時間:月~木曜 11:00~22:00、金〜土曜日 11:00~23:00

休日:無休

電話番号(TEL):02-2393-1757

住所(Address):106 台北市杭州南路2段17號
No.17, Sec. 2, Hangzhou S. Rd., Da’an Dist., Taipei City 106, Taiwan (R.O.C.)

交通:中正記念堂駅周辺

<電車>MRT東門駅から徒歩約10分

カード:不可

日本語メニューがあります。

 

◆ Google マップ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は台湾でおすすめのおいしい小籠包が食べれるお店をご紹介いたしました。

価格は鼎泰豊 (ディンタイフォン)よりも安いです。どちらがお好みの味か食べ比べしてみるのも良いですね。私は日本では全く食べないのに、台湾旅行では毎日小籠包を食べていました。台湾は他にも食事がおいしい国ですので、地元の方に混じって夜市の屋台で食べるのも楽しいですよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。m(_ _)m

次回は台湾でおすすめの熱炒 (ルーチャオ)をご紹介いたします。

TRAVELカテゴリの最新記事