新着記事あります。

「10ドルを1ドルに両替したい」英語でなんと言う?ドルを細かく両替したい時に使える|トラベル英会話

「10ドルを1ドルに両替したい」英語でなんと言う?ドルを細かく両替したい時に使える|トラベル英会話

海外の両替所でどうやって両替の依頼をしていますか?

空港の両替所では紙にお金の大きさごとに、必要な枚数をそれぞれ書いて窓口で渡す方法やATMの両替機だと、英語で話すと機会は少ないかもしれません。

とはいえ、そんなに難しくはないので「20ドル札は○枚、10ドル札は○枚、1ドル札は○枚に両替してください」と依頼したいとき、英語でどう言うかくらいは知っておいた方がいいでしょう。

前回の記事「両替所はどこですか?」英語でなんと言う? 海外でUSドル($)に両替したいときに使えるフレーズ!も参考にしていただきますと幸いです。

 

english-airport11

 

枚数を指定して両替を依頼する

この10ドル札を1ドル札に両替してもらえますか?

✔️Could I get ten ones? ←これは覚えやすいですよね!

1ドル札を10枚お願いします。

 

この100ドル札を10ドル札9枚、1ドル札10枚に両替してください。

✔️I’d like to change this 100-dollar bill into nine tens and ten singles.

⬆︎ I’d like to change this 100-dollar bill into nine ten-dollar bills and ten one-dollar bills.

略さないで言っても問題ないです。

 

<Vocabulary-1>

bill(s) →お札、紙幣 [イギリス英語では”note(s)”]

coin(s) → コイン、硬貨

exchange A for B → AをBに交換する(両替する)

change A into B → AをBに変える(両替する)

one(s) または single(s) → 1ドル札 [one-dollar bill(s)の略]

ten ones または ten singles → ten one-dollar bills (複数形)を略した表現 [1ドル札を10枚]

ten(s) → 10ドル札 [ten-dollar bill(s)の略]

nine tens → nine ten-dollar bills (複数形)を略した表現 [10ドル札を9枚]

※ (例) [10ドル札を1枚] → one ten-dollar bill (単数形)を略して → one ten

※ 両替所では略した表現で通じます。お金を数えるときや両替時に使う言い方。

 

「どのように両替しますか?」と聞かれたら?

How would you like bills?

20ドル札を5枚、10ドル札を10枚、残りを1ドル札でお願いします。

 

20ドル札を1枚、残りを硬貨(コイン)でお願いします。

 

<Vocabulary-2>

How would you like 〜 ? → 〜はどのようになさいますか/〜はいかがいたしましょうか

the rest in singles → 残りを1ドル札(紙幣)で

the rest in coins → 残りを硬貨(コイン)で

twenties → 20ドル札 [twenty-dollar billsの略(複数形)]

a twenty  → a twenty-dollar bill (単数形)を略した表現 [20ドル札を1枚]

※ 両替所では略した表現で通じます。お金を数えるときや両替時に使う言い方。

 

「お金をくずす」は “break”

日本語で言う『お金をくずす』は”break” を使って言うことができます。”break”を使わずに”exchange”や”change”を使って『両替』と言ってもいいです。

english-airport7

 

10ドル札を1ドル札10枚にくずしてもらえますか?

 

この100ドル札をくずしていただけますか?

 

小額紙幣(細かいお札)でお願いします。

 

小銭が欲しいのですが。

 

<Vocabulary-3>

break → お金をくずす

small bills → 小額紙幣

small change → 小銭 ※ “small coins” でも大丈夫です。

change → [名詞] お釣り、細かいお金、つり銭

参考記事>:アメリカの通貨[紙幣4種類と貨幣6種類]について、写真付きでご紹介しています。集中力が切れたときや英語学習の合間(休憩時)にでもご覧ください。

 

・英文が長くなると音声の早さについていけないかもしれませんが、根気強く音読をしてみてください。1つの単語の発音を聞きたい場合は単語をGoogle翻訳に入力して音声確認するといいでしょう。

・頭で覚えるのではなく、体で覚えるような感じで何回も何回も何回も声に出して発音していくと、そのうち勝手にすらすらと英文が出てくるようになります。

音読するときは[音声]を聞いて真似をして発音したり、同時に音読したりを繰り返して練習してみましょう!

 

まとめ

英語でコミュニケーション(日常会話)はできないけど、両替時のように事務的な会話(道や場所を聞く、注文するなど)なら内容が絞られるので、自信がなくても英語を話す第一歩の練習になるかなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。m(_ _)m

次回は 空港の入国審査で予想される質問と返答をご紹介いたします。
「旅の目的はなんですか?」を英語で聞き取れるか、ぜひチェックしてみてください。

ENGLISHカテゴリの最新記事